私たちは《家庭的な暖かいホーム》づくりを目指しています!

社会福祉法人かつぎ会

文字サイズ
»
»
カテゴリー:環境

親和園:こらむ

明けましておめでとうございます m(_ _)m

1月1日 元旦

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

 ・令和2年初めての朝の様子は…
 いつもより約30分遅く朝食を提供させて頂きました。その分、普段より遅くまで眠ることができました。
 ・お食事は…
 1月2日夕食までおせち料理を提供させて頂きます。体重増加が気になりますね。((´∀`))ケラケラ
 1月3日朝食はお粥の予定です。お腹を労わりましょう。(^^)/
 ・お出かけは…
 江田島町中央の『江田島八幡宮』へ行ってきました。
 1月3日よりデイサービスへのお出かけが順次再開されます。
 1月6日よりイズミツアーが再開されます。(インフルエンザ流行の時期となりますので、面会制限も始まります)
 
 ねずみ年の今年はどんな一年となるのでしょうか?

 

 

案内板設置させて頂きました m(__)m

12月27日

 長年抱えてきた、『親和園へのは入り口が分かりにくい』という問題点。解決につながるでしょうか?
 本日、国道487号線沿いの電柱へ案内板を設置させて頂きました。

 入居者様のご家族様のご協力により、実現となりました。ご来園の際は、こちらの案内板を目安にお越し下さい。

 今後ともよろしくお願いします。

 

餅つき

12月26日

 もう直ぐお正月。江田島市内でも門松を見かける機会も増えてきました。親和園では、毎年恒例の『餅つき大会』を開催させて頂きました。
 入居者様、ご家族様にもご協力頂き今年は3臼のもち米をつきました。

 昔はどこの家庭でも見かけることができた光景。今後も継続していきたいですね。

 完成したお餅ですが、お鏡餅は正面玄関に飾っております。丸餅は、後日ぜんざいとして頂きました。

 ご協力ありがとうございました。

 

迫力いっぱいの雄鹿さん、こんにちは(*´з`)

12月8日

 肌寒い中、協力して頂いた午前中の大掃除を終え、少しずつ温かくなった江田島市。本日は、大柿町柿浦の某所へ鹿のモグモグドライブツアーを企画してみました。

 元気いっぱいの雄鹿さんを前に、おっかなびっくりのえさやり体験となりましたが、お楽しみ頂けましたでしょうか。

 

みかん狩り

11月16日

 本日は、入居者の皆様にみかん狩りを体験して頂きました。

 数年前までは、数本あったみかんの木ですが、とうとう残り1本となってしまいました。来年も行うことはできるでしょうか?

 収穫したみかんは、○○に加工して頂く予定です。楽しみですね。(^^)/

 

紅葉狩りドライブツアー

11月14日

 本日は待望の園外行事のお出かけとして、紅葉狩りドライブツアーを楽しんでまいりました。
 行き先は、中国地方でも有数の紅葉スポットである三原市の佛通寺です。!(^^)!

 気になるのは道中のお天気、参加された入居者様の中に強力な晴れ男、晴れ女がいたのでしょうか。雨予報も吹き飛ばす、
絶好のお出かけ日和となりました。

 道中の車内では、お日様のおかげでポカポカ温かく感じることができました。 
 江田島市から車に揺られること約2時間、無事に到着した一行は、佛通寺へ到着。燃える紅葉を楽しまれた様子。茶屋で頂いた甘酒が美味しかったですね。(*'▽')

 その後は昼食場所である、道の駅 みはら神明の里の『漁師と農家の台所 キッチン ルマーダ』へ移動。海の幸山の幸を頂きました。ご馳走様でした。( ^)o(^ )

 夕方には無事、帰園することができました。旅の疲れにご用心下さい。

 今回、紅葉狩りドライブツアーの行き先となった三原市の小田川付近、車中からでも昨年の被害の爪痕が、あちらこちらで確認することができました。
 茶屋の店主によると「例年よりだいぶお客さんが少ない」と言われていたのが、心に残りました。

 

津波防災の日

11月5日

 親和園のある江田島市小用は急傾斜地が住宅直ぐまで迫り、目の前では瀬戸内海を望むことができます。

 2018年7月の西日本豪雨の影響で、江田島市内では多くの方が被害に遭われました。現在でも復旧作業をしているところ、いまだ手つかずのところ
も多く、自然災害を身近に感じることができます。

 本日、全国一斉に緊急地震速報訓練が行われました。親和園でも館内放送を用い、模擬訓練を行いました。

 

ミニデイサービス 芋ほりの部

10月3日

 本日は待ちに待った親和園農園での収穫体験!サツマイモの収穫を行って頂きました。

 台風が近づく中奇跡的な晴れ間となり、雨に遭うこともありませんでした。
 強力な晴れ男、晴れ女がいるんでしょうね。(* ´艸`)クスクス

 事前に芋ほりしやすいように耕した後、入居者様に畑の中へ入って頂きました。
 不慣れな職員を見かねて「わしもやろうか」とうれしい声が…

 鍬を持って頂くと自然に身体が動くようで、貴重なサツマイモを傷つけることなく掘り返して頂きました。
 周囲からは「さすがじゃねぇ」「年季が違うんよねぇ」(^^)/

 土の中から芋を引っ張ったり、掘り返したり、芋のツルをはさみで切ったり、捩じって切ったり、ひげ根の処理をしたり、
掘り出したサツマイモは見る見るうちにきれいな姿に。

 作業の最後は、少し高いところから記念撮影を行いました。

同日、来月の収穫祭誕生日会の準備として工作作業も行った様子。その模様はcoming soon. ((´∀`))ケラケラ

しばしお待ち下さいませ。