私たちは《家庭的な暖かいホーム》づくりを目指しています!

社会福祉法人かつぎ会

文字サイズ
>
法人本部

法人本部

ごあいさつ

 社会福祉法人かつぎ会は広島市安佐北区に「特別養護老人ホーム谷和の里」を創設(昭和61年)以来、短期入所、デイサービス等の在宅サービスも徐々に充実させ、江田島市に「ケアハウスこようの里・親和園」(平成5年)、広島市安佐北区に「特別養護老人ホーム亀山の里」(平成29年)を開設し、3つの拠点で高齢者介護に関する事業を運営しています。

 少子高齢化が言われて久しいですが、今後ますます介護を必要とする方が増えていく中、かつぎ会では利用者の皆様が笑顔で元気に過ごせるよう、医療・福祉はもちろんのこと地域との連携を図りながら、「施設は家庭、利用者は家族」という法人理念に基づき、利用者の皆様にとって我が家のように過ごして頂けるよう、そして、本当の家族になれるよう家庭的な雰囲気を大事にした支援を行ってまいります。

 また、かつぎ会は、職員の知識・技術の向上を常に図り、これまで培ってきた経験を活かし、利用者の皆様はもとより、地域交流会等の活動を通じ、地域の皆様が住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるようお手伝いをさせていただきます。

 皆様のご支援よろしくお願いいたします。

社会福祉法人かつぎ会
理事長  織井  智靖

 

 

法人沿革

名称

社会福祉法人かつぎ会

開設年月日

昭和61年8月1日

 

昭和61年

特別養護老人ホーム谷和の里 84床(多床室)

併設
短期入所生活介護 18床

平成5年 ケアハウス・こようの里親和園 56床
(特定施設入居者生活介護)

平成29年

特別養護老人ホーム亀山の里 70床(ユニット型個室)
併設
短期入所生活介護 10床
通所介護
居宅介護支援