私たちは《家庭的な暖かいホーム》づくりを目指しています!

社会福祉法人かつぎ会

文字サイズ
»
»
アーカイブ:管理者

新着情報

 

「第17回ひろしまアビリンピック」を見学しました。

1月10日(金)に広島障害者職業能力開発校にて開催された「ひろしまアビリンピック」を見学しました。
また、同日開催の「障害者雇用促進トップセミナー」にも参加させていただきました。

アビリンピックでは、障害をお持ちの方が「ワード・プロセッサ」「データベース」「表計算」「ビルクリーニング」「オフィスアシスタント」など、様々な競技種目において日頃の勉強で培った技術を競います。
競技中の様子を拝見しましたが、皆さん真剣な表情で一生懸命に取り組んでおりレベルの高い内容でした。
かつぎ会では障害者求人として「介護補助」「調理補助」の職員を募集しておりますが、今回のアビリンピックに出場された方々のように、私たちと一緒になって利用者様のために一生懸命頑張って下さる方との良いご縁があればと感じました。

 

新年のご挨拶

謹んで新春の祝詞を申し上げます。

旧年中は当法人の活動にご理解とご協力を賜りまして誠にありがとうございます。

介護を通じて皆様方のご要望に少しでもお応えできましたこと大変光栄に存じます。

今年は法人本部を亀山の里に移転し、「亀山の里」・「谷和の里」に新施設長が就任するなど法人にとって大きな変化の年を迎えることとなりました。

新体制になり気持ちも新たに更なるサービス向上に向けて、職員一同、日々精進してまいりますので、倍旧のお引き立てのほどひとえにお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

令和2年 元旦

社会福祉法人かつぎ会  理事長 織井 智靖

 

「外国人介護人材受入支援セミナー」に参加しました。

広島市総合福祉センターにて開催された「外国人介護人材受入支援セミナー」に参加させていただきました。
団塊の世代が全て75歳以上になる2025年から2030年にかけて、介護業界の有効求人倍率は1.82倍から3.90倍にまでなるというお話でした。
全職業における有効求人倍率が2030年に1.45倍ということからも、今後の介護人材不足が更に深刻化することが再確認できました。



かつぎ会でも外国人介護人材の確保に向けて検討を進めている段階ではございますが、遠い未来の話ではないことを実感させられる内容でした。
利用者様への介護サービスの提供や、職員の負担軽減など、人材不足による悪影響が出ないように今後もしっかりと対策を講じて参ります。

 

 

 

「第6回 ひろしまケアコンテスト」に出場しました('◇')ゞ

12月6日(金)に広島県立総合体育館にて開催された「第6回 ひろしまケアコンテスト」に出場しました('◇')ゞ
ケアコンテストは広島市および広島市老人福祉施設連盟主催で毎年開催されており、高齢者・障害者などのケアに携わる法人職員が「食事・排泄・入浴」の各部門において介助技術を競う大会です(^^♪


今年は、谷和の里から排泄部門1名・食事部門1名、亀山の里から排泄部門1名の計3名が出場いたしました(^_^)/


7分間という競技時間において事前に設定された対象者に対して介助を行うのですが、競技者の人数だけ介助のやり方があり、実演して評価されることも、他の方の介助を見ることも本当に勉強になることばかりです( `ー´)ノ


各部門の成績優秀者・上位3名が表彰されるのですが、今年は残念ながら入賞できませんでした( ;∀;)
しかし、競技に参加した職員は人前で自分の日頃の介助を披露し、多くの人に見て貰い評価を受けることで、それぞれの成長に繋がったのではないでしょうか♬


来年も職員の成長と入賞を目指して出場したいと思います(#^.^#)
競技に参加された皆さん本当にお疲れ様でした!!

 

「広島おとな会議」に参加しました。

11月27日に広島国際会議場で開催された「広島おとな会議」に参加させて頂きました。
広島県主催で、在学中の全国の大学生と広島企業の交流を目的とするイベントだったのですが、企業52社、学生70名程度が参加していました。


会場にはイベントを盛り上げてくれるスペシャルゲストが来ていたのですが、初めて本物にお会いする感動と興奮から記念撮影を求める長い列ができていました。
そこで私も撮影をお願いしました。・・・呉氏(クレシ)です!


呉氏のおかげで会場の緊張感も和らぎ、学生さんはリラックスして企業の皆さんと交流することができていました。
当法人が参加していたブースの風景がコチラです。


学生の皆さんが抱える疑問や不安を直接お聞きすることができ、少しでも力になりたい、良いアドバイスをしてあげたいという気持ちになりました。
少子高齢化の中で今後の日本の将来を背負って立つ世代にある皆さんが、社会へ出た時にイキイキと目を輝かせて日々の仕事に向き合ってくれることを願っています。